MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

音楽総合学科

音楽大学における 新しい学びのかたちの提案

音楽総合学科

 

学科の理念と特色


 わが国はかつて経験したことのない急速なグローバル化やIT化が進み、これらの様相が音楽を専門に学修していく学生にも大きな影響を与えています。こうした現代社会の変化に対応し、「音楽総合学科」では、従来から着実な成果を上げている伝統的な音楽に根差した基礎教育と、さらに現代社会における発達が著しいテクノロジーの手法を融合させた、より先進的な教育に取り組みます。

 本学科のカリキュラムでは、幅広い知識を獲得し、実社会で活かせる力を身につけるため、自分の専門とするコースの科目だけではなく、他のコースの多彩な科目の履修も可能です。音楽総合学科は、作曲・音楽学・音楽教育・アートマネジメントの4つのコースで構成されていますが、まず1年次において4つのコースの基礎的内容を総合的・横断的に学ぶことができます。その間に自分の進みたい方向や適性を見極め、2年次からコースを選択して専門的な学修に取り組んでいきます。この学びのかたちを「オープンメジャーシステム」と呼びます。ただし、1年次から専門的な学修に取り組みたいという場合には、1年次から希望するコースを選択することも可能です。これを「フィックスメジャーシステム」と呼びます。

学びのシステム

1.オープンメジャーシステムについて

 音楽総合学科では、1年次で「基礎科目」*を中心に4つのコースに関する基礎的内容を幅広く学修し、2年次で4つのコースから1つを選択し、専門的な学修に移っていくという履修システムを採用します。これを「オープンメジャーシステム」といいます。
 1年次におけるコース横断的な総合的学修によって、より幅広い視野を獲得できることはもちろんのこと、それまで気づかなかった自身の可能性を発見できるかも知れません。
 音楽総合学科での幅広い学びによって得られる知識・技能・経験は、現代社会における音楽関連のフィールドで大いに生かされるものです。

*「基礎科目」 音楽総合学科のすべてのコースに対応できる基礎的な知識・技能に関する科目を精選した科目群


基礎科目

音楽の世界史 音楽心理学(基礎) 現代社会と音楽 現代と音楽ビジネス
音楽指導実践(基礎) ポピュラー・カルチャー論 デジタルメディア進化論 ビジネスマナーとコミュニケーション能力
音楽アナリーゼ(基礎) 音楽アナリーゼ(発展) 楽譜作成ソフトウェア講座  

ポイント

  •  音楽を幅広い観点からとらえた11 科目の「基礎科目」のうち、4 科目以上を1 年間じっくり学び、 2 年次でのコースの決定に備えることができる。
  •  学修にあたっては、経験豊富な教員アドバイザーの適切なサポートのもとで、本人の資質や能力、意欲を考慮し、2 年次からのコースを選択できる。
  •  専門に関し、1 年次に「フィックスメジャーシステム」(下記参照)を選択した場合と同等の学修効果を得るために、2 年次で選択するコースにおいて追加のカリキュラムが用意されている。


2.フィックスメジャーシステムについて

 1年次よりコースを決めて専門的な学修に取り組みたいという場合には、「フィックスメジャーシステム」という履修システムを選択することも可能です。「フィックスメジャーシステム」を選択する場合は、入学試験において、選択するコースにより試験科目が追加、又は一部変更されます。

教育研究目的

音楽総合学科は、作曲・音楽学・音楽教育・アートマネジメントの4つのコースで構成される。音楽に関する基礎的な知識・能力を修得し、幅広い知見の上に立って自己の適性や目標を探求する。専攻するコースは、必ずしも入学当初から決定する必要はなく、1年次において、さまざまな視点からの基礎科目の学修を通し自己の適性や興味の対象を確認した上で、2年次より、専攻するコースを定めることも可能である。学修に際しては各コースの専門性を高めるための科目群を履修するとともに、コースの専門分野を横断した多様な知識の総合的・実践的学修や実習(インターンシップ)により、音楽を基軸として、多様な文化芸術活動の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。

 

コース一覧