MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

定期公演・地方公演

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京芸術劇場コンサートホール)

日 時:2017年9月19日(火) 7:00p.m.開演
会 場:東京芸術劇場 コンサートホール
入場料:1,500円(全席指定)*未就学児の入場はご遠慮ください。
主 催:武蔵野音楽大学
問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

指揮=末廣 誠(客演指揮)
ピアノ独奏=渡辺 愛菜(音楽学部ヴィルトゥオーソ学科2年)

プログラム

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 Op.73 〈皇帝〉

マーラー:交響曲第1番 ニ長調 〈巨人〉

末廣 誠 プロフィール

 鹿児島県出身。桐朋学園大学修了。指揮を秋山和慶、堤俊作、H.レーグナー各氏に師事。1981年鹿児島県オペラ協会10周年記念公演において石井歓作曲『カントミ』の初演を指揮、1987年銀座セゾン劇場の柿落としにてM.コンスタン作曲『カルメンの悲劇』を指揮し、コンスタン氏自身からも絶賛される。
 1989年、R.コルサコフのオペラ『サルタン王の物語』の日本初演の訳詞及び指揮を担当し高い評価を受ける。以後オペラを数多く手がけ、豊富なレパートリーを誇っている。
1990年サボルチ交響楽団を指揮。同年、イェーナー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、チューリンガー・アルゲマイネ紙に“真にプロフェッショナルな指揮者”と称賛される。
1991年、第4回フィッテルベルク国際コンクールにおいて優勝、オーケストラ特別賞も合わせて受賞。クラコフ放送交響楽団の首席客演指揮者に就任。また、国立シレジア歌劇場において『トスカ』を指揮し、ヨーロッパにおけるオペラデビューを果たす。以降定期客演指揮者として多くの作品を指揮し高い評価を受ける。1999年、ジャズピアノの巨匠チック・コリア氏と共演し、絶大なる信頼を寄せられる。
帰国後、群馬交響楽団、札幌交響楽団指揮者を務める。レッスンの友社よりエッセー「マエストロ・ペンのお茶にしませんか?」を2007年に刊行。