MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

定期公演・地方公演

武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会(東京公演)

日時:2018年12月11日(火)5:30p.m.ロビー開場6:30p.m.開演
会 場:東京芸術劇場 コンサートホール
入場料:1,500円(全席指定)*未就学児の入場はご遠慮ください。
主 催:武蔵野音楽大学
問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

指揮=レイ・E.クレーマー

トランペット独奏=クリストファー・マーティン(ニューヨーク・フィルハーモニック首席)

PROGRAM

ヴァルチック:プロトン(世界初演)

ミーチャン:岸辺に打ち寄せる波(世界初演)

ジルー:《タブー》-トランペットとウィンドアンサンブルのための-(世界初演) 他

指揮:レイ・E.クレーマー

アメリカで最も優れた音楽学部として評価されているインディアナ大学で、2005年まで吹奏楽学科主任教授並びにバンドディレクターとして活躍し、また2009年まで世界的に権威のあるミッドウェスト・クリニック会長の要職も務めた。
これまでにも全米吹奏楽指導者協会会長をはじめ数多くの吹奏楽協会の要職を歴任する他、インディアナ大学最優秀教授賞、Phi Beta Mu 国際優秀賞、第17回日本管打・吹奏楽アカデミー賞等多くの賞を受賞。2012年には権威あるNational Band Association Hall of Fame of Distinguished Conductors(吹奏楽の優れた指揮者の栄誉殿堂)に選ばれている。日本国内では陸上自衛隊中央音楽隊や東京佼成ウインドオーケストラの指揮者にも招かれ高い評価を得ている。日本バンドクリニック委員会名誉顧問。インディアナ大学名誉教授。武蔵野音楽大学名誉教授。全米、日本等で客員指揮者、指導者、審査員として活躍している。

トランペット:クリストファー・マーティン

1975年アメリカに生まれる。1997年にイーストマン音楽学校を卒業。フィラデルフィア管弦楽団の副首席奏者、アトランタ交響楽団の首席奏者、シカゴ交響楽団の首席奏者を経て、2016年よりニューヨーク・フィルハーモニック首席奏者に就任。近年ではシカゴ交響楽団と、自身と同交響楽団のために書かれた作品や、アンドレ・ジョリヴェ、アンリ・トマジのトランペット協奏曲を共演するなど、世界的なトランペット奏者として活発な演奏活動を展開する一方、ノース・ウェスタン大学でも教鞭をとっている。

関連リンク